FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオ深夜便

2012年 09月30日 01:11 (日)

       ラジオ

  夜中にトイレその他で必ず1回は目を覚ますようになって以来、ラジオを手放せなくなった。いったん起きてしまうと寝つきが悪くなるので、ラジオを聴きながら寝ることにしている。それで、ラジオ深夜便の味をおぼえた。目が覚めるのは大体午前3時ごろ。深夜便では歌謡曲の時間帯で歌手別、作曲家別、作詞家別、年代別など様々な特集を組んで主に演歌を流す。これがなかなかいいのだ。忘れていた名曲がどんどん出てくる。最近では平浩二の「バスストップ」、石橋正二の「夜明けの停車場」、山田真二の「哀愁の街に霧が降る」、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」。眠るつもるだったのがいつしか目がばっちり空いてしまい、布団をかぶって一緒に口ずさむこともしばしば。よし、もう1度カラオケに挑戦しようと思い込んだりする。
  こんな調子で1時間が瞬く間に過ぎてしまう。体がすっかり熱くなってきて、もう寝るどころではなくなる。次いで4時台になると「明日への言葉」が待っている。様々な分野の方々が登場するインタビュー番組だが、ゲストによっては相当身につまされる話をされる方もいる。眠気がきれいに消えてしまい、えいやーと飛び起きてしまう。この頃は月に1回コラムニストの天野祐吉による隠居大学も開講していてこれも滅法面白い。
  このほか3か月間隔で2人のベテラン歌手の新曲を「深夜便の歌」として紹介している。時間帯を考慮した渋い歌が多く、記念すべき深夜便の歌第1号となった檸檬(加藤登紀子)、夜のララバイ(藤田まこと)、夜明けのブルース(五木ひろし)など後世に残りそうな名曲も含まれている。
  写真のラジオは3代目に当たり、不満も言わずに夜毎の相棒役を務めてくれる。新橋のディスカウント屋で1,500円ぐらいで買った超破格品だが、NHK一筋に頑張ってくれている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。