FC2ブログ

09月 « 2013年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新富町あたりをうろうろ④

2013年 10月31日 01:31 (木)

昭和通りまで戻ってきた。
このあたりもモルタル3階建てなど結構な名建造物が残っている。
秩父錦も健在、しばらく閉まっていた刀剣屋も店が開き、周囲の雰囲気がちょっと賑やかになったようだ。
ところがショーウインドを見る限り、ミニカーが陳列されていたりして、未だに何が本業なのか不明であることに変わりはない。


      な

      に

      ぬ

      ね

      の

      は

      ひ
スポンサーサイト

新富町あたりをうろうろ③

2013年 10月30日 01:27 (水)

庭のような積りで徘徊し、何でも分かっていると思っていたら意外や意外、路地の先に未認知の蓮見精米店なる新物件が忽然と姿を表した。
有り難くコレクションに加えることにし、敬意を表して3枚ほど記念撮影。
電話局番が4ケタになったのはいつだったけ。


      さ

      し

      す

      せ

      た

      ち

      つ

      て

      と

新富町あたりをうろうろ②

2013年 10月29日 01:22 (火)

築地から聖路加を抜けて入船に入る。
ビルの間に歯が抜けたように空地や取り敢えずの駐車場が目に付く。
地上げの時代に頻繁に見かけた光景だ。
来るたびに変わっていくのは今となっては仕方ない。    
新大橋通りを銀座方向へ渡り返すとそこが新富町。
さすがにこのへんは料亭風の建物が並び、かつての面影がわずかながらも残っている。

      
      あ

      い

      う

      か

      き

      け

      こ

      お

新富町あたりをうろうろ①

2013年 10月28日 01:07 (月)

何年かぶりで銀座から新富町あたりをうろうろしてみた。
まずはすぐ近くの古色蒼然たる二葉鮨に軽く挨拶。
あたりのビルとは全く異なる独立したモルタル2階建て。
「どうだ」言わんばかりの凛とした佇まいで、まるで百年も前から存在してるようだ。
三原橋からスタートし、新装なった歌舞伎座を見ながらその先を左折。
後ろの高いだけで何の魅力もない新築ビルを除けば、歌舞伎座は以前と全く変わっていない。
三原橋は地下街を含め再開発に着手する話があり、飲食店など既に店を閉めている。
本願寺を過ぎ、銅版建築のメッカとも言うべき築地に向かう。
幸いにもかつて撮りまくった多くの建物が健在で、無事を確認できた。


     1

     4

     5

     6

     7

     8

     9

     10.jpg

ステキな廃れ感-菊名駅西口商店街④

2013年 10月27日 01:49 (日)

実は今回の菊名駅徘徊は大口商店街のとの繋がりでトライしてみたのだが、菊名周辺が想像以上に素晴らしく予定時間のほとんどを菊名で消化してしまい、大口へは最後に迷いながら到達することになった。
人生同様、何事も予定通りにはいかないものだが、その方が結果として良かったということが往々にしてある。
菊名の場合もまさにそのケースで、想定外の世界を覗かせてもらった感じだ。


     ま

     み

     む

     め

     も

     ら

     り

     る

     れ

     ろ

ステキな廃れ感-菊名駅西口商店街③

2013年 10月26日 01:43 (土)

菊名駅の西口商店街にはカタカナ名前の「ウエストモール」というニックネームが付いている。
おもわず「えっ!」という言葉が漏れる。
どこがウエストか、どこがモールか。
現風景とのこんなギャップが何とも素晴らしい限りだ。
これだから場末の街歩きは疎かにできない。
歩くべし、視るべし、そして撮るべし。

     
     な

     に

     ね

     の

     は

     ひ

     ふ

     へ

     ほ

ステキな廃れ感-菊名駅西口商店街②

2013年 10月25日 01:03 (金)

スカイツリーの出現以前から中高年の下町探訪がブームになっている。
休日ともなればガイドブック片手にザックを背負った数人のグル―プが、いそいそと散策する姿を見かけたものだ。
浅草であったり、上野であったり、谷根千であったりするわけだ。
誰もが行くフツーのコースに飽きたり卒業してもう行くところが無いと思ったら、京急線や横浜線沿線の各駅徘徊に乗換えたらいかがだろう。
眼の肥えた徘徊者なら、ディープで味わいのある新たな世界にカンドーするに違いない。


     さ

     し

     す

     せ

     そ

     た

     ち

     つ

     て

     と

ステキな廃れ感-菊名駅西口商店街①

2013年 10月24日 01:05 (木)

東急東横線とJR横浜線が交差する菊名駅。
高台が駅のすぐそばまで迫り、複雑な地形が独特な街模様を見せる。
2系統の線路と綱島街道や駅前の細い道路に分断され、商店街はコマ切れ状態を呈する。
面白いのは横浜線のガード下から始まる西口商店街。
線路と急な上り坂に囲まれたわずかなスペースに、スナック風の呑み屋を中心にした店が密集?している。
以前から気になっていつかは訪れようと思っていたこの廃れた街並みに、やっと一歩を記すことができた。
「そろそろ廃業しようか」なんて雰囲気が無きにしもあらずだが、そうなる前に二歩目を記し、夜間撮影を楽しんでみたい。


     あ

     い

     う

     え

     お

     か

     き

     け

     こ

吉祥寺から三鷹へ⑦

2013年 10月23日 01:25 (水)

三鷹駅歩道橋からの眺めが抜群だったので思わず長居をしてしまったが、それなりの成果はあった。
普段は平面ばかりの歩行で同じようなよう撮影角度になってしまうが、撮影場所が少し高くなるだけで風景の見え方も変わってくる。
そういえば仕事の関係でプロのカメラマンに同行した時、常にどこから撮るか考えていたような気がする。
同じ平面での撮影は自ずと限界があるのかもしれない。


      ら

      り

      る

      れ

      ろ

      48.jpg

      49.jpg

      50.jpg

吉祥寺から三鷹へ⑥

2013年 10月22日 01:21 (火)

吉祥寺からは井の頭公園を抜けて三鷹へ向かうお決まりのコース。
緑が多いが車も多くてうるさい感じだが、下連雀のところで玉川上水に沿って右折するとそこは別世界。
品のいい住宅や個性的な西洋料理の店が隠れるように存在し、武蔵野の雰囲気を盛り上げる。
このコースで必ず立ち寄るのが元山本有三邸の西洋館。
5分も歩けば三鷹の駅前に到着だ。
北口のローターリーの上の歩道が絶好の撮影場所となり、小一時間もウロウロする。


      ま

      み

      む

      め

      も

      や

      ヰ

      ゆ

      ゑ

      よ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。